複数バージョンのPostgreSQLソースを入れる

PostgreSQLを調べたりするにあたり,異なるバージョンのPostgreSQLをソースからインストールすることがある。

最初はリポジトリからダウンロードして個別に入れていたけれど,面倒になったので拙作ながらちょっとしたシェルスクリプトを書いてみた。小さなツールだが,私にとっては十分である。環境はBashを想定しており,動作確認はMac OS X上でしか試していない。

xxenvというツールにちなんでpgenvとしてみた。

moritoru81/pgenv

インストール

git cloneして,install.shを叩くかsource install.shする。

git clone https://github.com/moritoru81/pgenv.git
source pgenv/install.sh

使い方

PostgreSQLをインストールする。

# 9.6.3をインストールする
pgenv -i 9.6.3
# 9.6.3をCFLAGS -g3でインストールする
pgenv -i 9.6.3 -g3

指定のバージョンをデフォルトにする。

pgenv -g 9.6.3           # exec $SHELL -l します
pgenv -g 9.6.3 --no-exec # exec $SHELL -l しません

パスを表示する。

pgenv --prefix

 

byebyehaikikyou

日記やIT系関連のネタ、WordPressに関することなど様々な事柄を書き付けた雑記です。ITエンジニア経験があるのでプログラミングに関することなどが多いです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

Translate »