シェアする

北房ほたる祭2017

シェアする

6/10,今日は,ほたる祭に行ってきた。場所は,『北房』という大都会県北に位置する真庭市の市町村である。会場は北房I.Cから十分程度でアクセスできる場所にあり,臨時駐車場も結構な台数分のスペースが確保されている。また,来週6/17(土)にはHOTARU Fesという音楽イベントも開催されるようで,真庭市北房町では『ほたる』に関連した地域活性化に力を入れているようだ。

夕方5時過ぎにくらいに会場に到着したが,まだまだ外は明るい。すでに屋台は出ていてるので,そこで腹ごしらえしつつ,ベストなほたるの観賞時間帯になるのを待つ。最初のベストな観賞時間帯は午後8時30頃のようだ。付近を散策しながら暗くなるのを待つ。

午後8時頃になると,ぽつぽつと蛍の発光が見え出した。午後8時30頃になるとその数も増え,川辺を中心に幻想的な光景が広がる。ほたる公園というスポットの周りにカメラを構えた人を多く見かけたので,そこがベストスポットなのだろう。ベストな観賞時間帯になると車のとおりも忙しくなってくる。ほたる公園の駐車場入り口では車の渋滞ができていたので,ベストな観賞時間帯を逃さないためには,余裕を持って会場入りしておいた方が良いだろう(公園にはトイレはあるが,屋台からは遠く周りに店はない)。

スマートフォンのカメラで撮った精一杯の写真がこれだった。。全く様子が伝わらないが,すでにWebでは多くの写真が見つかるのでレポートはそちらに譲ることとする。私が見たときは,たくさん蛍が飛んでいたものの,よく写真で見るような川いっぱいが眩いばかりの蛍の光で溢れるような光景ではなかった。おそらく観賞場所,天候や時間帯,そのほか色々な条件が関係しているのだろう。だが,蛍が映し出す幻想的な光景であることに変わりはない。

商店街や遊歩道はキャンドルでライトアップされているので,ほたると合わせて楽しむのもよい。

スポンサーリンク
Translate »