【企業経営理論】CSRとコーポレートガバナンス メモ

この記事は【2017年1月7日】と作成から2年以上経っているため、記事の内容が古い可能性があります。最新の情報を合わせてご確認されることを推奨いたします。

明日から3連休。少し気が抜けてしまった。。

企業の社会的責任とコーポレートガバナンス。

これは,日頃のニュースでもよく耳にするし,会社に勤めている人であれば社内でも頻繁に耳にするであろうワード。

最近であれば,医療系のキュレーションサイトの運営なんかが,まさにCSRでの倫理的な面が問われる話題だったと思う。企業は,もちろん企業活動を存続していくには利潤追求の姿勢が必要であるが,そういった経済的活動だけでなく社会に対する責任が求められる。基本責任,義務責任,そして文化,経済,政治,環境様々な支援責任を伴なう。つまり社会貢献。国際規格でも社会的責任に関する規格がありガイダンスとして利用されている。

また,情報開示の積極的な姿勢が望まれ,IRを含め様々な活動に関する積極的で自発的な開示をすることが求められている。

コーポレートガバナンス。これは,最近で言うと家具を取り扱う企業のニュースが新しいだろうか。経営のチェック機能。適切に経営が行われているのか客観的に評価できなければならない。日本は,取締役と経営陣が重複する傾向があり,米国に比べるとチェック機能が弱い。社外取締役の選任などでガバナンス機能を強化できる。

カテゴリー: 中小企業診断士 | 投稿日: | 投稿者:

byebyehaikikyou について

産業機械系エンジニア→アフィリエイトWeb広告系のアプリ開発→PostgreSQL周辺機能の開発→企画開発(現在ここ) 地方でITエンジニアをしています。Webやスマフォアプリ、Hadoopなどのビッグデータに関するシステムに関わり、現在は企画開発などの業務。 日々のインプットを発信してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください