シェアする

2017年の振り返り

シェアする

PR


振り返り

昨日で仕事納めとなり、穏やか(でない)が、年末年始を迎えようとしている。

今年一年は、自分にとっては非常に大きな変化の年だった。職場・生活環境がガラりと変わり、慣れないことに悩むことも多々あったけれど、とにかく一年なんとかのりきるという思いで過ごしてきた。途中体調を崩し有給残日数が少なくなり、”倒れるわけにはいかん”という緊張感のもと仕事をしてきたが、なんとかのりきることができた。手帳を見返し、本当に一年色々あったなと思いにふけると同時に、来年に向けての準備を少しずつ始めている。

仕事について、以前(主に2016年)は自社サービスのデータ分析システム基盤の担当で、FluentdやHadoop周りを触らせてもらっていた。インターネット広告のシステムで扱うデータ量も多かったため、非常にエキサイティングであった。インフラ以外は、ほぼ完全に任せてもらっていた。ログ収集からデータ分析周りの構造設計から開発、動作検証、運用、トラブルシューティングなど、様々な経験をさせてもらった。データ分析周りの仕組みの整備は、ほぼ完全に個人の裁量に任せられた形で、自由な社風だった。一定規模のサービスでないと普段なかなか扱うことができないデータボリュームだと思うので、本当に貴重な経験をさせていただいた。業務は、データ分析基盤周りの開発・運用保守とちょっとしたデータ分析も行なったり、幅広く担当させてもらった。グループのメンバーにも恵まれ、大変お世話になった。最後は盛大に送別していただき、本当に皆様に感謝の気持ちでいっぱいだった。

地元に戻ってからは、Web系サービスの開発とは違って、データベース関連の開発や検証、テストなどに関わっている。主にはPostgreSQLだ。今までデータベース技術について深く掘り下げていなかったので、新たに知識を得ることが多く、大変面白く刺激を受けている。知識も増え、少しずつ慣れてきたので、来年はもっと貢献できるよう精進していきたい。

仕事に加え、今年はいつくかの資格取得と1つだけソフトウェアを作った。資格取得は、会社の推進・援助もあり、体系的な知識の習得につながった。

資格は、ネットワークスペシャリスト、OSS-DB Silver、統計検定3級。取得だけに満足せず、更なるスキル向上に努め、実務で生かせるようにしていきたい。

作ったソフトウェアは、Baut。Bash上で動くテストツールだ。シェルベースでテストを書くのに役立つのではと思う。最近、そういう機会が多かったので、勢いで作ってみた。

最近シェルスクリプトでちょっとしたテストコードを書く機会が多いのでテストを支援するツールを書いてみました。シェルスクリプトのスキル不足な面も...

来年は、データベースやデータ分析関連の更なるスキル向上に努めていきたい。また、今年は、健康の大切さを痛感した年でもあったので、来年は風邪なども引かないよう、手洗いうがいの徹底、適度な運動を心がけていきたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Translate »