新CCNA試験の取得

2020年2月24日に改訂された新CCNA試験を受験し合格することができました。

試験に向けて私の勉強方法についてご参考までに共有したいと思います。

受験時の保有スキル

IT業界で働いています。業務は、主にアプリケーション開発エンジニアで、サーバーサイド側の開発が多いです。ここ最近、業務ではアプリケーション開発をする機会が減り、実務的な開発スキルが低くなっていっているのが悩みではあります。

ネットワークについて言えば、普段ルーターやスイッチは触ることはないです。触る機会があるとしても、プロバイダーから貸与されているモデルルータくらいでしょうか。ネットワークのプロトコルもTCPより上のレイヤーで意識することが多いのはほぼHTTP(S)といった具合です。AWSを触る機会が少しあるので、VPCやネットワーク周りについては多少知識としては有しています。

類似のスキルでは、以前IPA資格のネットワークスペシャリストを受験して取得済みでした。しかし、IPA資格は、CCNAのように実務的な現場寄りのスキルではないので少し毛色が異なる気がします。ルーティングやネットワークACLの設定方法については問われることはないです。

以上まとめますと、アプリケーション開発エンジニアでネットワークの体系的な知識は多少ある、といったレベルです。

試験対策

試験勉強に要した時間は、1〜2ヶ月くらいだと思います。日中は働いているので、帰宅してからの時間と土日を利用して行ないました。活用したアイテムは以下です。

参考書

(スマホ問題集付)徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1 編[100-105J][200-125J]V3.0 対応

(スマホ問題集付)徹底攻略 Cisco CCNA Routing & Switching教科書ICND2編[200-105J][200-125J]V3.0対応 徹底攻略シリーズ

まず、上記の2冊をざ〜と読み流しました。非常によくまとまっていると思いました。試験対策としては、後述するping-tだけで十分合格圏に入ると思うのですが、本書は基礎的な内容から解説してくれている章もあるので、基礎を学ぶうえでも大変有用かと思います。リファレンスとしても活用できるので、所有しておいて損はないと思いました。非常に分厚いので、いざ取り組もうとすると身構えてしまうのですが、解説が分かりやすいので、読み始めると意外に速いペースで読めると思います。スイッチ操作について実際の動きを確認したい場合、実機確認が難しい場合はCisco Packet Tracerを使用すると良いかもしれません。私はCisco Packet Tracerを使って気になる箇所についてはコマンド操作を少し練習しました。

ping-t

https://ping-t.com

こちらは、おそらく皆さん利用されているサイトだと思います。新CCNAにも対応されております。練習問題の数が非常に豊富で解説も充実しています。無料問題集がありますが、ルーティング以降はプレミアムコンテンツとなっています。私は、無料問題集の範囲でまず練習問題を概ね正解できるようにした後にプレミアムコンテンツを申し込みました。1ヶ月の利用で2,400円程度です(最新情報はping-tのサイトで確認してください。)。CCNAの試験代と比較すると大したことはありませんが、私の場合は短期集中で1ヶ月以内に合格レベルまで仕上げるよう進めました。具体的には、以下の流れを繰り返します。

練習問題を解く→解説を読む→練習問題を解く→模擬試験を解く
 →弱い箇所の練習問題を解く→模擬試験を解く→安定して9割近く正解するようになる

模擬試験で、安定して90%正解できるするようになれば合格できると思います。ただ、ここで重要なのは解説をしっかりと理解することです。繰り返し練習していると練習問題を解答ごと記憶してしまうかもしれませんが、そうではなく、解答する時はしっかりと意味を考えた上で答えるよう意識します。そうすれば、実試験で少し言葉のニュアンスや設問の切り口が変化したとしても、解を順序立てて考えられるようになると思います。

ルーティングやACLなどは、基本かつ重要なのでしっかりと理解するようにします。

試験本番

ping-tでしっかり仕上げていれば、あとは落ち着いて試験を進めるだけです。テストセンターの試験端末で行ないました。試験時間は140分と長いので、トイレを済ませ、お腹の調子も良い状態で臨むことをお勧めします。トイレが近くならないよう、コーヒーの飲み過ぎには気をつけます。

試験時間は十分あると思います。時間が足りないということはなかったです。試験結果はすぐに分かります。

私のスコアは947点でした。

まとめ

  • 試験対策は、ping-tの模擬試験で安定して90%正解できるようになるまで練習する。
  • 試験本番は、試験時間が長いのでトイレは必ず済ませておく。

リンク

byebyehaikikyou

日記やIT系関連のネタ、WordPressに関することなど様々な事柄を書き付けた雑記です。ITエンジニア経験があるのでプログラミングに関することなどが多いです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

Translate »