日記」カテゴリーアーカイブ

開発業務から企画開発業務になる

最近は企画開発業務に携わるようになった。今まで、現場でインフラやアプリケーション開発エンジニアとして過ごしてきたので、慣れない業務にシフトしてあたふたしている。年齢的には良いチャレンジのタイミングでもある。重要なのは、自分の意志でやりたいこと、である。

期待されていることの最終的なゴールのイメージはついているが、グループメンバと同じ方向を向いて、同じ目線で深堀りしながら議論や検討を重ねていくには、私自身のスキル不足を感じる。コミュニケーション、ファシリテーション、良い問立て、課題設定、仮説構築、いろいろ。プロセスやアウトプットの基準を整えてレールを敷かなれば、なかなか前に進みづらい。決済権を有する関係者とのしっかりとした対話も必要だ。

進め方を試行錯誤しているが、やり方の見直しが必要だ。先人の知見とノウハウに学ぼう。

インプットした書籍

とても分かりやすい。アイデア発想法から事業計画作成までの流れが網羅されている。流れや各フェーズでのアウトプットもイメージがつきやすい。事業計画書のテンプレもついているので、状況に合わせてカスタマイズしていけるだろう。ビジネスモデルキャンバスについても説明がある。アイデア発想のためのフレームワークなどを重視したい場合は、別の書籍にもあたるのが良いと感じた。

シンプルでとても分かりやすい。企画の前の段階で確認しておくべきことについても触れられている。特に社内で企画に関わる人にとっては重要なポイントだと思う。また、アイデア発想のための思考フレームワークや効果についても整理されていて、こんな切り口で考えを整理したいときにどの考え方が使えるだろう?、といったニーズにマッチするだろう。思考の切り口に悩んでいる人には有用だと感じた。事業計画や計画書に網羅すべき点の詳細を知りたい場合は、別の書籍にもあたるのが良いと感じた。

こちらはフレームワークを中心に知りたい人向け。フレームワークの種類をたくさん説明しているというより、フレームワークのタイプを体系化して説明してくれている感じである。フレームワークに沿うと思考が整理しやすくなる。ただ、フレームワークの型に沿って必要な項目を埋めていけば、良い分析ができるかというとそうはならない。フレームワークはあくまで思考を整理しやすくするためのツール。フレームワークの背景にある考え方や有用なケースを知っていれば、うまくツールを使いこなせる。今まで、背景にある考え方を説明している書はあまり見てこなかったので、本書は大変参考になった。フレームワークのタイプを体系化しているので、フレームワークを組み合わせたり、自身で応用したりもできるだろう。

世の中のビジネスモデルを知るのに良い。普段目にしているサービスや事業がどんなビジネスモデルになっているのか俯瞰できる。本書では、戦略モデルキャンバスというフレームワークが紹介されている。ビジネスモデルキャンバスに、コンテキストという要素が追加されている。コンテキストには、ビジネスモデルが成立するための妥当性と正当性を書く、となっている。モデル成功の前提を書く、というものであり思考を整理しやすくなっている。

『キリンの工場見学』岡山工場に行ってきました!

この記事は【2018年8月16日】と作成から2年以上経っているため、記事の内容が古い可能性があります。最新の情報を合わせてご確認されることを推奨いたします。

猛暑の続くこの季節、ギンギンに冷えたグラスに注がれたビールが格別に美味しいですよね。

麦汁の旨味とホップの香りと苦味のコラボレーションは、多くのビール好きの心をつかんでやみません。キリンビール株式会社さん運営の仮想の大学であるキリンビール大学[1]ビールをおいしく学べる仮想の大学のことによると、ビールの歴史は非常に古く、なんと最古の記録は紀元前にも遡るそうです[2]https://www.kirin.co.jp/entertainment/daigaku/HST/hst/no159/。ビールは、そんなに古くから現代まで受け継がれ、今や世界の多くの国で親しまれているんですね。

また、キリンビール大学レポート[3]https://www.kirin.co.jp/company/news/2017/1221_01.htmlによるビール消費量を見ると、2016年のアジアでのビール消費量は1位(9年連続)、日本は2015年に続き7位と、世界の中でも上位のビール消費国となっているようです。居酒屋に行くとまず『生で!』、というくらい、皆さんに定着している飲料だと思います。

キリンの工場見学

そんな、日本でも大変親しまれているビールについて、今回はネットでも話題のキリンビール株式会社さんの『キリンの工場見学』[4]https://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/に行ってきました。ホームページから、インターネットや電話予約で申し込みをすることができます。定員に余裕があれば、当日の電話でも受け付けしてくださるようで、私も当日予約で工場見学に参加させていただきました。詳細は、公式のページの案内を参照してみてください。1日に複数回の時間帯に分けてツアーが用意されているので、都合の良い時間帯で予約ができます。

https://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/index.html#_ga=2.260158537.537703818.1534590058-1564478919.1534590058

アクセス方法は?

私が参加させていただいたのは岡山工場の見学ツアーでしたので、以下の場所になります。

JR万富駅から無料の送迎バスで工場まで行くことができます。自家用車で直接工場まで訪問することも可能です。試飲される予定のある方は、公共の交通機関をご利用されると良いでしょう。岡山駅からJR山陽本線に乗り、万富駅が工場の最寄り駅になります。

工場見学ツアー

私が参加させていただいたのは、岡山工場の見学ツアーで、

見て、ふれて、味わって
キリン一番搾り
おいしさの秘密発見ツアー

です。

このツアーは無料のツアーで、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べや麦芽・ホップに触れる体験、そして最後に試飲のできるツアーとなっていました。小学生のお子様がいらっしゃる方には、夏休みの自由研究に役立つ「ものづくり研究ノート」が貰えます。自由研究がまだ決まっていない方、楽しく工場見学しながら学習できる良い機会かもしれません。
(注:開催期間が決まっているようなのでホームページで確認ください)

工場見学
(※1)
約50分 ・麦芽・ホップ体験
・一番搾りと二番搾りの飲み比べ
・工場見学(※2)
試飲 (※1) 約20分 一番搾り、ノンアルコール飲料、ソフトドリンク
所要時間 約70分

(2018年8月情報)

※1) 詳細はホームページを参照ください
https://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/okayama/tour/is.html

※2) 休日はラインが稼働していないようでしたので、平日の見学をお勧めします。
たくさんのビール缶が、ラインを流れているところが見られると思います。

案内してくださるナビゲータさんの説明は大変分かりやすくて楽しく見学することができました。また、一番搾りのビールの製法を学んだり工場内見学で写真を撮りつつ周っている(写真撮影可)と、あっという間に時間が経ちます。広い工場内をバスで移動する時間もあり、ちょっとした遠足気分も味わえます。

一番搾りは、一般的ビールに比べて麦が多く入っているそうです。下の写真を見ると、一番搾りは、単位体積あたりの麦量が多いことが一目瞭然です。

ホップを手に取って香りを楽しめます。

見学ツアーの中でも大変興味深かったのが、一番搾りと二番搾りの麦汁の飲み比べです。双方を手に取り試飲させていただきましたが、香りや舌に伝わる味わいから、一番搾りと二番搾りの違いがハッキリと分かりました。一番搾りは二番搾りに比べて、香りや甘味が深かったです。麦汁をそのまま飲んだことはなかったので、とても新鮮でした。子供も試飲可能でした(麦アレルギーがなければ)。

アルコールを生み出しているのは、この酵母菌ですよね。漫画『もやしもん』[5]Wikipedia – もやしもんでは、微生物たちが可愛らしいキャラクターとして描かれていました。酵母は、発酵食品には欠かせない微生物です。パンや日本酒、醤油の製造でも、酵母が活躍しています。

敷地が広く、バスに乗っての移動もあります。キリンちゃん号です。

工場見学が終わると、最後に試飲サービスがあります。

参加したツアーでは、3種類の一番搾りの試飲が用意されていました(もちろん、大人で非ドライバの方のみ可能です)。生ビール、黒生、そしてプレミアムです。

非ドライバの方には、ノンアルコール飲料を用意してくださっています。ゼロイチは、麦増量となったらしく、ビールのようなテイストを楽しめます。ZERO・HIも、格別に美味しいです。

写真スポットも用意されていますので、是非インスタで♪

 

缶の上に座って撮影します。

また、工場内のショップでは、おつまみやグッズを購入できます。工場内のショップにしかない商品もあるようです。

最後に

ビール工場の見学なので、大人が楽しめるイメージかもしれませんが、麦汁の飲み比べは子供でも可能ですし、麦芽とホップに触れたりと体験的な要素もあり、子供と一緒に行かれる方も楽しめると思います。私の参加した時間帯付近では、子供や祖父母も一緒に来られている方もいらっしゃいました。

普段小売店で販売されている飲料がどのようにして製造されているのか、また製造されている方々のこだわりや会社の雰囲気を知ることで、商品がより身近に感じられ、また違った楽しみ方ができるのではないかと思います。

是非皆様も参加されてみてはいかがでしょうか。

今回参加したツアーの他にも、不定期ではあるようですが有料のツアーもあるようです。ビールをもっと身近に感じられるエクスペリエンスツアーとなっているようです。機会があれば、こちらも是非参加してみたいと思います。

キリンビール株式会社 岡山工場の方々、貴重な経験どうもありがとうございました。

 

もやしもん コミック 全13巻完結セット (イブニングKC)

【4本も増量】キリン 零ICHI増量ケース (24本+無料提供缶4本、11月20日発売) 350ml×28本

『生でも食べられるトウモロコシ!』を食べてきました♬

この記事は【2018年8月12日】と作成から2年以上経っているため、記事の内容が古い可能性があります。最新の情報を合わせてご確認されることを推奨いたします。

まるでフルーツ!?生で食べられる『とうもろこし』

夏の代表的な野菜と言えば、そう、とうもろこしです。とうもろこしと言えば、バーベキューや縁日でよく見かける香ばしい香りする焼きとうもろこしを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ジブリアニメの『トトロ』の中で、メイちゃんがとうもろこしを大事に抱えていたシーンが真っ先に思い浮かぶ方もいらっしゃると思います。

私の幼い頃と言えば、とうもろこしは、学校給食や家で茹がして食べるというのが一般的でした。そして、とうもろこしの1粒1粒の種はなんだか硬くて乾燥しているイメージを持ってました(無知なだけで栽培用の種のイメージが強かった影響かもしれません。。)。なので、ちょっとだけ手間はかかるけれど、茹がすことで、あの”ジューシでシャキッとした食感のとうもろし”さんになるんだと。。(↓の感じに)

(画像:茹でたとうもころしのイメージ)

ところが、生でも美味しく食べられるとうもろこしがあるらしく、たまたま直売所に行ける機会があったので、立ち寄って買ってきました。時期的には、終わりに差し掛かってはおりますが、まだ販売されているようでなんとか間に合いました。

直売所は、岡山県の吉備中央町というところにある『宮木牧場』さんです。

https://itp.ne.jp/info/330022251184831990/

岡山空港から更に北へ行った所にあり、交通手段もないため車でないと行くのは厳しいでしょう。岡山空港からは車で約30分程度です。やや遠いかもしれませんが、シーズン中はとうもろこし狩りなどもでき、採れたての美味しいとうもろこしを試食することもできるようです。お時間が取れる方は、是非行ってみてはいかがでしょうか 😀 

さて、車を走らせてどれくらいでしょうか、なんとか直売所にたどり着きました。

初めての訪問だったためか、その場で収穫したとうもろこしの皮を剥いて試食させていただきました。一口食べてみると・・・

甘い!シャキッとして美味しい!

本当にフルーツみたいでとってもジューシーでした。茹がす手間もなく、「ガブッ」とかぶりついて食べられます。いくらでも食べられそうな、それくらい甘くて美味しかったです。朝方早くに立ち寄りましたが、常連さんでしょうか、袋いっぱいに購入しておられる方もいらっしゃいました。

私は、「味来」という品種のとうもろこしを購入しました。帰ってから、じっくり味わっていただきたいと思います。

とうもろこし味来

『味来』について調べてみると、『味来』は、生食可能な「スイートコーン」という品種のとうもろこしのようです。Wikipedia – トウモロコシによると平均糖度が12以上あり、一般に苺が12程度と言われるので、フルーツのような甘さがあるというのも納得です。

↓ 生とうもろこしの断面です。

PR

■期間限定■【吉備高原農家のとうもろこし】大人も子どもも大好き♪生でも食べれるトウモロコシ!【味来・ドルチェ・吉備クイーン】10~15本

感想(21件)

瀬戸大橋開通30周年記念花火大会を見てきました in 与島PA

この記事は【2018年8月12日】と作成から2年以上経っているため、記事の内容が古い可能性があります。最新の情報を合わせてご確認されることを推奨いたします。

今年4月に行われる予定だった『瀬戸大橋開通30周年記念花火大会』が今年の8月11日に延期になっていたのですが、11日に無事開催されたので花火大会を見てきました。

中四国最大級で、総数15,000発の花火がライトアップされた瀬戸大橋をバックに打ち上げられる、とのことです。

メイン会場は香川県の坂出市なのですが、花火が遠くから見られることができれば良いと思い、瀬戸大橋の中間地点である与島PAに上陸し、遠目から花火を見てきました。瀬戸大橋のバックに打ち上げられた花火が見えるという構図です。上手くいけば、”心地よい海風を肌に感じながら、ライトアップされた堂々たる瀬戸大橋と、瀬戸大橋以外に遮るもののない広大な瀬戸内海の上空を舞う花火の絶妙なコンビネーションを堪能できるのでは”、という狙いです。

与島PA上陸&ぶらり

花火が打ち上がるのは20時の予定です。2時間以上も前に与島に上陸してしまいました。観光というスポットは特にないのですが、島周辺をぷらぷらと散歩して時間をつぶしました。

間近で見る瀬戸大橋は、やはり絶大な存在感です。広大な海に、人類はどうやってこんな巨大な橋を作ることができたのでしょうか。鉄の塊が空を飛ぶジャンボジェット機と言い、やはり科学の力は偉大です。

ワタルくんの頭の上にカメラを置いて撮影します。撮れたのは↓な感じの風景。

だいぶ日も落ちてきました。

ムムッ、いつの間にか車も増えているではないですか。すっかり日が落ちた頃には、多くの方が花火を見に与島PAに立ち寄っているようでした。

駐車場はそれなりに広いですが、花火が始まる頃には駐車スペースも一杯になり、脇に止めて観賞する方もいるくらいになっていました。とは言え、都会の混雑には遠く及びません。

花火大会

20時になり花火が打ち上げられました。事前に展望台が良く見えると聞いていたのですが、丁度、瀬戸大橋殿に遮られるような感じになり、下の芝生の見晴らし台(築山展望台)から見ることにしました。丁度、瀬戸大橋と海の間に花火が見える感じです。打ち上げる花火によっては、瀬戸大橋とだだ被りしてしまいますが、瀬戸大橋と花火の対比が現れているようで良いでしょう。

クッ、携帯カメラなのでこれが限界か。。

気を取り直し、ちょっとだけデジカメで頑張ったやつ。

これは幻想的で良いかも。

最後の方は花火の煙でやや花火が霞んで見えづらくなる場面がありました 😕 30周年記念ということで、次は40周年?になるのか分かりませんが、瀬戸大橋を背景に花火をメインに見たい方は坂出側で、瀬戸大橋メインで花火を背景に見たい方は、与島や瀬戸大橋記念公園あたりが良いのではないでしょうか。

次回40周年記念花火大会があれば、違った構図で、是非坂出側から鑑賞したいと思います 🙂 

交通機関など

4月の開催では、瀬戸大橋を通行する無料のシャトルバスや先着で瀬戸内クルージングができるサービスもあったようですが、8月の花火大会ではなかったようです。坂出までいけば、会場まで無料のシャトルバスが出ているようでした。

http://www.seto-30th.com/access.php

通行料金の検索

http://www.jb-honshi.co.jp/customer_index/guide/ryokin-search/rate2014-d.html

参考リンク

iMacの調子が悪くApple正規プロバイダに修理を依頼した

この記事は【2018年1月28日】と作成から2年以上経っているため、記事の内容が古い可能性があります。最新の情報を合わせてご確認されることを推奨いたします。

長年愛用して使っている、iMac 27inch 2012 lateモデルの調子が悪い。何か作業するたびにレインボーマークが出て、全くと言っていいほど操作ができない状態が度々生じていた。OSはなんとか起動するものの、ログインでやたら重かったり、ログインできても画面がまともに表示されなかったりと、いよいよおかしくなってしまった。

OSをクリーンインストールしてもダメで、First Aidでディスクチェックしても問題なしと出る。しかし、SMARTでHDDのエラーチェック[1]https://news.mynavi.jp/article/osx-229/をすると、メインのHDDでエラーが検出されているようだった。そのため、おそらくHDDの故障かな・・・。このモデルのiMacは、スクリーンパネルが両面テープで接着されており、個人で分解するのも大変そうである。下手に自分で分解して破損してしまうのも避けたい。また、故障原因が本当にHDDなのかも怪しい。あれこれ考えたが、Appleのサイトから正規プロパイダにお願いして修理してもらった方が安心という結論に至った。

早速、Appleのサポートページから修理問い合わせの申し込みを行なった。方法としては、

  1. Appleサポートの方と電話やりとり後、宅配業者に受け取りに来てもらう
  2. 正規プロバイダに持ち込む

とある。27inchのiMacは持ち運びするのは大変であるので、できれば1が良いだろう。しかし、今回は正規プロバイダも近くにあったこと、実際のiMacの症状の説明もしやすいこと、から2のパターンでお願いすることにした。

私が利用した正規プロバイダは、ビックカメラさんだ。窓口は、iPhoneのようなスーマトデバイスの取り扱いがメインのようだったので、iMacは店頭で症状を確認後、指定の修理工場に送られる流れとなるようだった。

http://www.biccamera.co.jp/apple/repair/iphone/

今回、店頭で調べる限り、私のiMacの故障箇所はHDDのみという判断だった。HDDのみの交換であれば、工賃と部品代含め約3.3万程度の料金で可能とのこと。

Apple正規プロバイダでないお店で交換した場合、次に故障した時にAppleの保証が効かないことが懸念だったので、私はAppleの正規プロバイダにお任せすることにした。購入時カスタマイズで高スペック化したMacで、まだまだ長く使いたいこともあったので。正規でないお店一社にもお見積もりをお願いしてみたのだが、工賃と部品代含めて22000〜25000円程度とのことで、料金はさほど変わらないようだった。逆にあまりに安いと怪しいかもしれない。。

日曜日に修理に出してから、5日程度で修理完了の連絡があった。工場から配送でも可能らしいが、その場合はセンター定額修理サービスというプランになるようだった。他にも損傷箇所があって交換が必要となった場合、定額で修理をしてくれるというものらしい。その場合は、7万程度になるらしい。

以下の調べによると、店頭で判明した箇所のみの故障だった場合は、店頭での見積もり金額となるようだ。

http://saiyasu-syuuri.com/blog/mac-repair-applestore-cost-warning/

修理後は、HDDのリカバリー領域はmacOS High Sierraとなった。タイムマシーンからデータ移行し、無事に復活した。また、これからしばらくお世話になることとなりそうだ。

参考リンク